浄土宗京都教区 浄土宗青年会

11月17日に令和2年度見学研修会「御寺 泉涌寺参拝」を開催しました。
久しぶりの見学研修会、以前から個人的に楊貴妃観音さまに手を合わせたいと思っておりました。塔頭寺院様にご説明いただき、伽藍を拝観しておりますと見所が沢山あり開山律師の仏教興隆への思いを感じるかのようでした。
特に涅槃図に皆さま感銘を受けておられました。
この涅槃図は我々にもご縁があり、浄土宗の明譽古礀上人が御寄進されたものです。
涅槃図のおまつりの方法も特殊で、天・正面・地と「コ」の字型に掛けられ、まるで自らがお釈迦様の入涅槃に立ち会っている様にお参りが出来るのです。
毎年3月14日〜3月16日の泉涌寺涅槃会にて日本最大級の涅槃図をお参りできます。
肌で感じることのできる見学研修会、ソーシャルディスタンスを保ち無事開催することができました。


10月23日(金)に「京都教区知恩院国宝御影堂落慶記念法要」が寺院のみで厳修され、青年会からも随喜致しました。
ご支援、ご協力いただき、誠にありがとうございました。
御影堂は優しく、柔らかく輝いており、見守られているような大変ありがたい時間でした。


「座談会zoomぶっちゃけ」を開催しました。
《自分の理想のお坊さん像》というテーマでしたが、話すうちにお檀家さんとの人間関係や、今後のお寺の在り方、今までの悩み等、色々な考え方に触れることができました。「良いしげきとなりました」とご感想もいただきました。


下記の通り、定期総会を開催いたしました。
会員の方対象の行事です。

日時:令和2年9月11日17時より
場所:京都教区教務所


新型コロナウィルス感染症終息祈願
『リモート別時念仏会』

令和2年7月3日(金)午後8時〜9時頃 終了予定

web上で「リモート別時念仏会」を勤修し、新型コロナウイルス感染症終息祈願と物故者追善のご回向をいたします。
今回のリモート別時念仏会を通じて、その姿は決して一人でなく「処は違えど志を同じくする仲間がいること」を改めて感じ、物故者の追善と終息祈願に回向いたしたく存じます。

なお、システム準備の都合上別時念仏会のリモート参加は京浄青会員のみといたします。リモートには参加していただけませんが、時を同じくして念仏をお称えいただけると大変ありがたく存じます。

京浄青会員の皆様は、参加案内を所属ご寺院に送付していますので、ご確認をお願いいたします。

 

 


京浄青ブログは開設以来、皆様にご利用いただきましたが、諸般の事情により、2020年5月31日をもちまして閉鎖させていただきます。これまでのお力添えに対しまして、執行部一同、深く感謝するとともに心より御礼申しあげます。

今後の京都教区浄土宗青年会行事の情報は、facebook京浄青ページ・浄土宗京都教区HPにてお知らせ致します。会員のみなさまにはLINEの京浄青グループ・郵送にてお伝えいたします。今後ともよろしくお願いいたします。

 


5月24日、web研修「やってみよう!zoomで配信!」を開催しました。
web会議アプリzoomの使用方法、配信の仕方などを勉強しました。

この研修には16名の会員が参加しました。

日時 5月24日20時~
場所 web上、zoomにて開催


4月26日、京都教区浄土宗青年会の研修会を開催しました。
新型コロナウイルス感染症対策のため、web会議アプリのzoomを使用して開催しました。

京都教区内の各地から最大24名の会員の皆様にご参加いただきました。
研修は当会副会長の堀上人を講師に「今できるお寺の護持」と題して、お寺の活性化、今だからできること、将来の住職就任に備えてやっておくこと、などをテーマにお話いただきました。

研修会終了後、双方でやり取りできるzoomの機能を生かして質疑応答とミニ座談会を行いました。
コロナウイルスに対して各寺で行なっている対策、お参りの際気をつけていることなどを話しました。

 


3月16日に予定されていました令和元年度第2回定期研修会は、コロナウイルス感染拡大防止のため、中止とさせていただきます。

何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 


京都教区浄土青年会の1年間の活動を締めくくる恒例行事「加行満行者祝賀会・活動説明会」が今年も開催されました。

このたび行を終えられ、浄土宗教師となられた9名の満行者を会員、来賓総勢72名でお祝いしました。

祝賀会に先立ち、京都教区教務所で京浄青の活動説明会を開き、日々どのような活動をしているかをご紹介しました。

満行者の皆様、おめでとうございます!